お知らせ

共学化の決定について

学部学科の発展的再編により教育改革を推進

平素より、学校法人園田学園ならびに園田学園女子大学、園田学園女子大学短期大学部へのご支援をいただき、誠にありがとうございます。
 
さて、学校法人園田学園は2月26日の理事会にて、学園総合改革計画の一環として、園田学園女子大学の2025年4月より共学化への段階的移行、および2025年度の短期大学部募集停止を決定いたしました。
 
本学園は1938年、「捨我精進」を建学の精神に園田高等女学校として開校。以降、中学校、高等学校の開校、幼稚園の開園を経て、1963年には、園田学園女子短期大学を開学、1966年には、園田学園女子大学を開学。地域における高等教育機関としての女子教育に邁進してまいりました。しかしながら、少子化による18歳人口の急激な減少に加え、近年の共学志向および4年制志向の高まりから、安定的な志願者確保が困難な状況となっています。これまで多くの卒業生を輩出し、これからもこの地で高等教育機関としての役割を果たすためには、抜本的な学園運営改革が必要であるとの判断から、今回の決定に至りました。
 
共学化は、2025年4月より人間教育学部および経営学部、2028年4月までに人間健康学部と段階的な移行を進める計画です。また、園田学園女子大学短期大学部の理念、リソース、およびこれまでに培われてきた実績は、4年制学部学科へと発展的に継承いたします。共学化および大学3学部に教育資源を集中させることにより、ボーダーレスでより幅の広い教育環境を提供することが可能となります。
 
短期大学部の在学生および2024年4月入学の全学生が卒業に至るまでは、教育、学生支援、進路指導等の各種サポートにも万全を尽くします。また、卒業生に対する学籍簿の管理、証明書発行など、卒業生に対する支援体制も支障のないよう継続してまいります。
 
本学園では今回の改革を第2の開学と位置づけ、大学名称および一部学科名称の変更(いずれも4月下旬頃に構想公表予定)と併せた「学びのフィールドの拡充」を計画中です。「新生・園田学園」の実現に向けた、さらなる教育・研究の強化および学生サービスの充実にご期待ください。

在学生、卒業生、保証人、受験生ならびに本学の教育活動にご支援いただいております高等学校や地域の方々を含むすべての関係者各位におかれましては、何卒ご理解を賜り、今後とも本学園への変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます。
 
 
2024年3月1日
 
 
学校法人園田学園 理事長 齊藤悦一
園田学園女子大学 園田学園女子大学短期大学部 学長 大江篤

報道各位

現在、文部科学省への届出準備を進めている段階のため、大学名称および大学3学部5学科の名称変更等を含む今回の改革構想についての詳細は、4月下旬に開催予定の記者会見にてお伝えさせていただきます。
本日の発表は、在学生および保証人、入学予定者、受験生、教育関係者への事前周知を目的としたものであり、現時点でお伝えできる情報が限られますため、共学化に関する現時点での報道各社への取材対応は記者会見にて対応させていただきます。何卒、ご理解いただけますようお願い申し上げます。

本件に関する問合先

入学予定者・受験生およびその保証人、マスコミ各位

入試広報部 広報センター
部長:佐々木
Tel:06-6429-9903(月~金 9:00~16:30)
e-mail:kouhou@sonoda-u.ac.jp

在学生およびその保証人

企画運営部
部長:谷
Tel:06-6429-9641(月~金 9:00~16:30)
e-mail:er-plan@sonoda-u.ac.jp